<< 暑い日にはキューっとcordial ビッキー ゴルフデビュー >>
母子で行く National Gallery
e0142226_545980.jpg


3週間の一時帰国から戻りました。心配していたビッキーと私だけの帰国フライトも何とか頑張り>母さん(^_^;)、時差ぼけもようやく解消されました。時差ぼけは私よりもビッキーの方が早く治ったみたいです、さすがの若さですかね、、、、0歳児。
日本の滞在中には、沢山のお友達と再会して、パワーを分けてもらいました。育児を始めてから 周囲の応援の力に感謝をする日々なので 温かい励ましをもらって イギリスでの子育てをまた頑張ろう!という気持になれました。みんな、本当にありがとう!お土産も一杯頂きましたよ、帰り 32㌔になったスーツケースの1/4、、いや もっとかな はプレゼントで占拠されていました、、、果報者です。

さて、ロンドンに戻って。先週、かねてからビッキーを連れていきたかった National Galleryへ出かけてきました。美術館巡りは ヨーロッパに暮らす醍醐味の一つ。ロンドンに暮らしている間に ビッキーには出来るだけ沢山の本物を触れさせたいと思っているので、お天気に恵まれたこの日 もう少し疲れを取ってからの方がええんちゃう というダンナ君の心配を他所に ビッキーと二人でいそいそと。オランダ風俗画あたりまでは起きていたビッキーですが 印象派の絵画の前では爆睡、、、マミーがその分堪能してきました、次は逆回りにしようかな(苦笑)。産後にギャラリーを再訪して、驚いたのが自分の嗜好の変化。出産前には大好きだった絵を受け付けなくなっていたり、またその逆もあったり、変わらず好きな絵もあったり。母親になるって 視点がこんなに変わって面白いものだなー、と意外なところで認識したわけです。ビッキーが産まれて来てから肩の力が すとん と抜けて 幸福で穏やかな気持ちで満たされているのは 私の中での基準が 自分 から ビッキーに変わったことにあるのかな と思いますが、きっと 印象の違いは こうした気持ちの変化が作用しているのでしょう、、、あ、もちろん ダンナ君も引き続き基準にいますよ(汗)。

あ、ちなみにダンナ君ですが 日本での疲れ(←出張だった)が祟ったのか 親不知で腫れて 高熱にうなされたうえ 顔が変形していました(爆)。抗生物質とうがいのおかげで大分腫れはひきましたが、歯医者さんからは 抜歯は避けられない と診断、、、抜歯のために日本へ戻るというわけにもいかないので ロンドンで歯を抜くことになりそうです。イギリスで抜歯は外科手術になるそうで、プライベートでお願いすると 抜歯代 なんと2本で£800也(約15万円)!ひえ~、、、、海外暮らしでの歯のトラブルは 信頼できる歯医者さんが見つかっても お値段には悩まされます・・・・。
[PR]
by emy_to | 2009-08-25 05:57 | UK 日常
<< 暑い日にはキューっとcordial ビッキー ゴルフデビュー >>