<< Single mom, Jin... ごろごろ栗ご飯 >>
イギリス式慰め方 悪いことは三度でおしまい。
e0142226_4261154.jpg




自分の不注意が原因(←ダンナ君談)だったばかりなのですが、ここのところ不運続きでした。
ダンナ君不在の土曜日にビッキーと出かけた先で、お財布を紛失。 
                  ・
                  ・
                  ・
                チーン。

ここはイギリス、カードの不正利用が瞬時に頭を駆け巡り、「カード止めなくちゃ!」とあわてて帰宅したところ、、、お腹をすかせたビッキーが後部座席で泣き叫んで、集中力を欠き、縁石にぶつけてタイヤがパンク。
                  ・
                  ・
                  ・
                チーン。

この話を、イギリス人のおばさまにしたら、「悪いことは三度続くのよ~ ははは~」 と笑われて、そういえば、翌日の朝食に あまりのショックに ぼー っとしていて ホットケーキがまる焦げになったので あー、over cooked のパンケーキが三度目か~ と笑って返したはずだったのに、

                 のに、
                 のに、
                 のに、ジュース。

三度目は、多分今日来ました。イギリスのウィルス同様、ここでのアンラッキーは、しぶといのかも。。。

朝6時にヒューズが飛んで、電気がつかず、お湯もストップ。7時になるのを待って、大家に電話を入れたら、なんと 携帯電話がビッキーのよだれで半壊していて、向こうからの声は聞こえるのに、私の声は伝わっていないと判明。ダンナ君は大学へ出かけてしまったので、必死に状況をテキストし、その後、授業の始まる直前のダンナ君にも協力してもらって、ようやく話が通じ、大家が様子を見に来てくれることになりました。

普段は優しくて気のいいおじさんなのに、メーター、ヒューズ を一通り見て回り どこも悪くないと分かると、だんだん機嫌が悪くなり、電気代滞納を疑い出し、支払いのエビデンスを見せろと言ってきました。ネット支払いだから、そんなのないよー と言うと、この国でエビデンスをとっておかなかったら、どうやって支払いしたことを証明するんだ、少なくとも1年分はファイルしておかないとダメ!と ダメだし&説教。なにさ、アナログおやじ!
結局、電気会社に電話を入れて、支払いが滞っていないことをオペレーターと確認している会話を聞くだけでな納得せず、「私は英語が苦手だから、大家が代わりに話すと言うように」と指示まで出してきました(怒) > さすがに、このくらいの事はできるので、口が裂けてもそんなこと言いませんでしたけども!

もちろん、支払いはしていたので、私の無実が証明され、エマージェンシー部門の技術者が来てくれることになりました。大家の見立てとは裏腹に、マスターのヒューズが飛んでしまったことが原因で、ヒューズの交換をしてもらって めでたし、めでたし のはずだったのですが、、、
技術のおじさんが 「お湯のヒューズが飛んでる、大家に言って 別の電気屋に直してもらってよ、僕じゃなおせないから。多分ボイラーが悪いんじゃないかな~。」 そ、そうですか、、、、(--;)。

大家にかくかくしかじか説明し、今度はブリティッシュガスがボイラーチェックに来てくれたのですが、「うわ、化石級のボイラーだな~。ボイラー以上なし」。でも、ホットウォーターのヒューズをあげると火花が散るんだけど、、どうしたらいいの?と私。「それは危険。触らない方が良いよ。とにかくボイラーには異常なかったから、お湯も出るし。」と立ち去ろうとするお兄さんを、それは困る!と捕まえて、電気周りのことに疎い私でたちうちできないので、大家とも電話口で話してもらいつつ、分かったのが、非常時の回復スイッチが入ったままだったことが ヒューズの火花の原因だったことが判明しました。

ちなみに、ブリティッシュガスの技術者の方は、安全基準で靴を脱ぐことを禁止されているので、キッチン、廊下と土足でズカズカ・・・・ちょっと、変な菌がついてたら、ビッキーに 移る、移る >怖。今日は疲れたので、明日念入りに掃除だな。

そんなこんなで、人の出入りがあるのでビッキーのお散歩もできず、一日家にこもりきりで、悪態をついた大家にも頭にきたので、ちょっと無心になりたくて スコーンを焼いてみました。小嶋ルミさんの おいしい!生地のレシピを始めて開いてみましたが、外がサクサク、なか ふんわ~り の美味しいスコーンになりました。今まで作ったスコーンの中で、一番好きな仕上がりかも♪
しかも、スコーンの焼きあがりを待つ間、ビッキーが声を立ててここ一番の笑顔でおしゃべりを沢山してくれました。うう、、、、母親最高。子供を産む前だったら、ずっと ぷりぷり していたかもしれないのに、ビッキーの笑った顔をみたら なんだか胸がすーっとして、英国産イライラ虫もどこへやら。母親になって本当に良かったと改めて思ったのでした。

続いたアンラッキーも一先ず終焉かな。
というわけで、ダンナ君、新しいお財布買って下さい>厄落としで。 
あらあら、今気付きましたが(嘘だけど)、タイミングのいいことに、クリスマスは もうすぐそこじゃないですか~、ほほほ~。
[PR]
by emy_to | 2009-11-07 05:16 | UK 日常
<< Single mom, Jin... ごろごろ栗ご飯 >>