<< スペイン アンダルシアを回る旅... スペイン アンダルシアを回る旅... >>
スペイン アンダルシアを回る旅 Sevilla
e0142226_912142.jpg




e0142226_92262.jpg

イスラム教の宮殿をキリスト教徒の王が改築したアルカサル。庭園がすばらしかったです。このアルカサルは学生割引で入場が無料となるので、ダンナ君はもちろん、去年大学の短期コースに通っていた私も無料になり、€14の節約となりました(嬉)。ヨーロッパで学生をしていると、○得なことが沢山あります。
e0142226_93896.jpg

ガイドブックに見どころは色々と書いてありましたが、私が一番目を奪われたのはこのモザイク。愛してやまない九谷焼の陶芸作家、岡本修さんがよく作品のモチーフとして使っているイスラムの沙羅紋様と通じるところが沢山。もっとじっくりと見たかったのですが、この日はクリスマスイブで閉館時間が早かったのと、ビッキーがお昼寝前で機嫌が悪かったので、ほぼスルー。後で写真を拡大して、ゆっくり鑑賞したいと思います。

日本人のカメラ好きは有名ですが、一眼レフで撮影している外国人の方を沢山見かけました。モザイクが美しいので、撮りたくなる気持ちも十分分かりますが、、、。もやは、日本人=どこでもカメラ は過去のもの?!私も一眼レフには興味がありますが、元来の面倒くさがり屋なので、あの重いカメラを持って、ビッキーを抱えてというのを想像しただけでちょっと萎えてしまいそうです。ビッキーが大きくなって、もう少し身軽になった頃にダンナ君にお願いしようかしらん。

e0142226_93402.jpg
e0142226_935941.jpg
e0142226_942990.jpg

美味しいと評判のレストランに入ってみました。入口にもサートが沢山掲げられていて、ワクワク。とても感じのよい日本人のウェイターの方が働いていられて、たまたま私たちのテーブルをサーブして下さったので、彼と相談しながらメニューを決めました。このレストランは、今回の旅行の中で best of best でした。鯛のオリーブオイル&チリソースはほっぺたが落ちそうでした。今度私も作ってみようかな~。

Casa Robles Restaurant
C/Sierpes 90
41004 Sevilla

e0142226_95544.jpg
e0142226_952597.jpg

レストランで食事を済ましている間に、ランドマークともいえるカテドラルとヒラルダの塔は閉館。日にちが日にちだけに、しようがないですね。もっとも、ビッキーを抱えて70mの高さの展望台に上るのはあまり現実的でなかったし、アルハンブラ宮殿、メスキータと見どころを回った後だったので、外から見るだけで十分でした。

e0142226_955534.jpg

セビリアの街並み。言うまでもなく、馬車は観光客向けです。クリスマスイブということもあってか、午後は街全体が静まりかえっていました。食事をしたレストランの隣の通りがショッピングストリートで、お買い物を済ませた人が、買い物袋を抱えて歩いていたので 私も何か、、、と舌鼓を打ちつつ目論んでいたのですが、悲しいことにショッピング作戦は失敗に終わってしまいました(涙)。

一泊した後、セビリアを後にして、世界の富豪が集まる街へ一気に南下しました。この頃には風邪もすっかりよくなり、すっかり陽気なテンションが戻ってきました。暖かいって素晴らしいですね。 つづく。
[PR]
by emy_to | 2010-01-01 09:07 | UK 国外旅行
<< スペイン アンダルシアを回る旅... スペイン アンダルシアを回る旅... >>