<< 動物園 と イギリスの小さな田... V&A Museum >>
Small Luxury Hotel the Lords of the Manorで過ごす週末
e0142226_221969.jpg


Happy Birthday to Me ♪



遅ればせながら、ダンナ君から誕生日プレゼントを頂きました。
今年は、Small Luxury Hotelの一員で、Cotswoldsにあるマナーハウスホテル the Lords of the Manor への滞在。MBAと仕事で多忙を極めるダンナ君、私にかかる育児の負担(←事実、倒れすぎ 爆)を慮ってか、ちょっと頑張ってくれたみたいです。なんと、部屋に花束まで用意されていました。こんなロマンチックなこと、久々でしたから、嬉しいの前にびっくりしてしました。

e0142226_221509.jpg

ここへは去年の年末ビッキーがまだお腹にいる頃にディナーに来たのですが、その時は満室で泊れなかったのです。今年の初めにガイドブックをめくりながら「イギリスにいる間に泊りたいな~」とぼそぼそ言っていたのを覚えていてくれたみたいです。本当は、先月の私の誕生日に泊る予定だったのですが、ダンナ君は急な出張が入り、私とビッキーも風邪をひいて引きこもりだったので、延期になってよかったです、今となっては、、、>終わりよければすべてよし。

e0142226_222634.jpg

マナーハウスによっては、子供NGのところもあるようですが、the Lords of the Manor は子連れに優しい宿でした。なんと、ビッキーのHigh Teaまで用意されていました。パンチェッタのリングイネが出てきました。お腹をすかせたダンナ君は「味見は親の責任や」と言って、食べていました 爆。食べむらビッキーは、少し口にしただけで、お皿に手を入れて遊びだしてしまったので 即没収、殆どが残ってしまったので、残りもダンナ君の胃袋へ収まりました。子供用に作られていたので薄味でしたが、本当に美味しかったです。

e0142226_2222595.jpg

ディナーは個室を除いて子供の同伴NGだったので、ベビーモニターのサービスを利用しました。
寝ているビッキーの側に電話を置いて、受付で様子をチェックしてくれました。昼間ちょっとしたアクシデントがあったせいか、歯が生えてきているせいか、この日の晩に限って1時間どころか20分毎に目を覚ましたビッキー。そのたびに部屋まで駆け戻っていた私・・・(T_T)。そういうわけでビッキーが産まれてから、初めてのダンナ君との二人きりのディナーは、途中で切り上げて残りはルームサービスにしてもらいました。覚醒してしまったビッキーをあやしながらだったので、途中からは普段とあまり変わりませんでしたが 笑、久々に大人の雰囲気の中で夕飯を頂けたのはやっぱり良かったな~。

e0142226_2225115.jpg

翌日の朝食もルームサービスで頂きました。このホテルのレストランはミシュラン☆を取得しているだけあってか、English Breakfastもとても美味しかったです。前夜、11時過ぎまで食べていたのに、朝食もきれいに頂いてしまいました。そろそろ卒乳間近の予定なので、体重増加に戦々恐々としています・・・あれ、誕生日の話が、こんなオチですみません。兎に角、ダンナ君、素敵な週末をどうもありがとう~。
[PR]
by emy_to | 2010-03-03 22:05 | UK special
<< 動物園 と イギリスの小さな田... V&A Museum >>