<< フランス ノルマンティー&ブル... フランス ノルマンティー&ブル... >>
フランス ノルマンティー&ブルターニュの旅 その2 ノルマンディー後編
e0142226_20584613.jpg

こんなクラッシックカーでフランスを旅行できたら、すてき。クッションを選ばないとお尻がいたくなりそうだけど 笑。



シャンブルドットでサクサクのバゲットと他のゲストたちとの楽しい朝食でお腹も心も満たされて、次の目的地に車を走らせました。フランスはイギリスに来てから初めてですが、ノルマンディーの典型的な建築、木枠作りの家屋はとても美しくてずっときょろきょろしていました。

e0142226_2114581.jpg

                        シードル街道を下り、、、、

e0142226_20593586.jpg
e0142226_20595375.jpg

フランスで最も美しい村の一つに選ばれている、Beuvron-en-Auge 。ほんとうに小さな小さな村ですが、今回の旅で一番印象的だったかも。ヨーロッパはもちろん都市も見どころ豊富ですが、やっぱり田舎町が個性豊かで面白いです。

ノルマンディーに来たなら食べておかないと!ということで、胃腸の調子の悪い夫婦でガレットとクレープを頼んで頑張って食べました。ここでも英語が通じないので、フランス語の片鱗とイタリア語をフランス語発音したり、、その努力の結果、お目当てのものにありつけました>感動。英語は国際語と言われますが、大陸に来るとマイナーランゲイジだといつも認識させられます。父親からフランス語を勉強するならフランス留学してもいい(英語・独語を独学で流暢に使いこなせる父からは英語が目的の留学は、目的が甘過ぎると許されなかった 涙)と言われても、当時は「英語、英語」と躍起になって無視していました。でもビッキーにはフランス語を勉強させようかなぁ、、そしたら将来母子で旅行が楽しめるかなーなんて思ったり 不純な動機 笑。孫には英才教育を施すと豪語しているおじいちゃんにフランス留学のスポンサーをお願いしようかな ついでに私も便乗留学とか 料理留学なんて優雅かな~ 笑笑。

e0142226_2101843.jpg
e0142226_2103933.jpg

       話は現実に戻り、、、雑貨屋さんかわいいーー、かごほしいーーー。
体調の優れない  ダンナ君は買い物に付き合う気力は持ち合わせていなかったようなので、涙をのんでスルーしました。かご、、、欲しかったな~ うじうじ。

      
お買い物は不完全燃焼のまま(←しつこい)、後ろ髪をひかれながら(←しつこい×2)、Beuvron-en-Auge を後にしたのでした(T_T)。

e0142226_2121152.jpg

翌日はこの旅のハイライトのモンサミッシェルずっと雨交じりの天気でしたが、この日は太陽が顔を出してくれました。

e0142226_2123520.jpg

                  美味しくない大きなオムレツで有名なお店。
e0142226_2125264.jpg

ダンナ君、ビッキーを担いで石段上りを頑張りました。翌日ずいぶんと体にきたそうです、もう若くないですね ぷぷぷ。近頃歩きたい衝動にかられているビッキーなので、Becoに入ってくれるか心配でしたが、見慣れない場所で臆病になっていたのか割に大人しくしてくれていたので助かりました。

*モンサミッシェル子連れ情報*
フランス屈指の観光地なので、朝1番の観光が良いと思います。私たちは9時頃到着して、スムーズに観光できました。
参道が細く、階段ばかりなので、バギーは不可能。ベビーキャリアーに入れての観光でないと、正直なところ厳しい。犬をリュックにしょって観ているフランス人もいましたが、これには笑ってしまいました。

e0142226_4114081.jpg

回廊、素敵でした。134本(たしか)の支柱があり、支柱の幅は人の歩幅に合わせて作られているそうです、ぐるぐる歩いて瞑想できるように。

e0142226_4105385.jpg

  中も石造り。お天気が良かったせいもあってかきらきらと光が舞い込んで幻想的でしたよ。
  真ん中の写真、食堂だそうです。どんなお料理が出されたのかしら・・・・。

e0142226_213311.jpg

           丁度満ち潮の頃でした。浮かぶ島の上からの眺め。

旅の続き その3に続きます。
[PR]
by emy_to | 2010-06-08 21:03 | UK 国外旅行
<< フランス ノルマンティー&ブル... フランス ノルマンティー&ブル... >>