<< ビッキーの記録 ■14か月 フランス ノルマンティー&ブル... >>
フランス ノルマンティー&ブルターニュの旅 その3 ブルターニュ
e0142226_3591584.jpg






いま思い出してみたら、あれだけ食べて良く当たらなかったと思うのですが、ブルターニュにその昔かのナポレオンも取り寄せたという牡蠣の特産地カンカルへ車を走らせました。
e0142226_3594633.jpg

町の外れに直売所があって、人で賑わっていました。どこも同じだろうと思ったのですが、ダンナ君の強い希望で2度目に来た時に食べたストール(英語の話せるお姉さんのいたところ)の牡蠣はしょっぱくて、しょっぱくて塩の味しかしませんでした。
e0142226_40523.jpg

    ダンナ君を虜にした牡蠣。この大きさです。レモンをつけましたが、絞らない方が美味しかったです。
e0142226_402723.jpg

牡蠣の養殖所。潮が満ちると、すっぽり海の下にもぐってしまいます。
                   遠くに見えるちいさな△はモンサミッシェルなんですよ~。
            
e0142226_420052.jpg

宿はSaint-Maloに取りました。Saint-Maloで海鮮を食べるなら、ここ!と教えてもらったお店でランチを取りました。ちょっと旧市街から外れた場所にありますが、ほんとーーーーに美味しかった!!特にメインのお魚料理が絶品でした。ビッキーはフィッシュスープについてきたスパイス風味のラスクに夢中で、概食べてしまいました。離乳食もそろそろ卒業目前かな。

brasserie du sillon
3 Chaussée du Sillon
35400
Saint Malo,
France


e0142226_428316.jpg

この日はまた生憎の雨模様。ビッキーを砂浜で遊ばせようと、砂遊びセットをダンナ君が買ってくれたのですが、出番はありませんでした。ビッキーを喜ばせたいという親心で、水族館に行ってきました。ロンドンの水族館はあまりぱっとしないので、内心、期待薄で行きましたが・・・。

e0142226_428519.jpg

期待を裏切る内容でした。フランス人のセンスにかかると、水族館もこんなお洒落に演出されるのかしらん。熱帯魚のコーナーでお魚を目の前にして喜ぶビッキー。
e0142226_4291057.jpg

きらきら光るライトのせいもあってか、ビッキーは声をだしてすごく喜んでいました、、、嬉しいなぁ(T_T)。入場料が高いとぼやいていたダンナ君ですが、ビッキーの笑顔にそんなことをすっかり忘れてしまったようでした 苦笑。
e0142226_4293038.jpg

       水族館では、潜水艦にも乗れるんですよ~ふふふ。
               どんな潜水艦かは、行ってからのお楽しみということで♪
Grand Aquarium-Saint Malo
Rue du Général Patton
35402
Saint malo,
France


e0142226_4295173.jpg

                  ちょっと、そこの日本人、奇麗に撮ってよね by かもめ

e0142226_430263.jpg

翌日は晴天!!でしたが、学期末試験のせまるダンナ君は午前中宿にこもって勉強しなければならなかったので、宿からサンマロの旧市街までの4キロの道のりをビッキーと一緒に散歩しました>疲。

e0142226_4304599.jpg

城壁の上を散歩しました。後から追いついたダンナ君と一緒にもう一度上りましたが、入口をはいって右手に歩くとスロープがあって、がっくりしてしまいました。だって、先に一周したときはバギーを担いで階段をわっせ、わっせと上ったのに 涙。その話をしたら、「俺はやっぱり運が良い」と得意の前向き発言をしていました。運の悪い妻(←スロープを見つけられなかった)と結婚したので、非常に信ぴょう性に欠けますが ぶぶ 笑。

e0142226_431420.jpg

e0142226_4325753.jpg

Saint-Maloはその昔海賊の町だったそうです。奪取した品々で財をなして、一時は華やぐ町だったそうですよ。その後第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けてしまいましたが、住民の手で再建されたとか。現在は穏やかな顔を見せる海岸ですが、めくりめく歴史を背景に持っています。日本人にとっての第二次世界大戦は、太平洋戦争と直結しますが、ヨーロッパではナチスドイツとの戦い。教科書で一度勉強したことですが、実際その場へ行ってみて、もう一度歴史の教科書を読みなおしたくなりました。丁度D-DAY の6月6日が近かったこともあり、同じ季節の空の下で兵士はどんな事を考えて作戦に臨んだのか、その母親たちは息子たちの無事の帰還をどれだけ願っていたのかと想像すると、なんだか胸が詰まってしまいました。

e0142226_4312725.jpg

話はそれましたが、、、ぐすん>すすり泣き。旅の終わり、海鮮を最後まで楽しもうと思って、旧市街に入ってすぐのブラッスリーで食事をしたら、イギリスのレストランも顔負けな位不味かった・・・。ムール貝なんて、臭くて、どういう風に料理したらあんなひどい味になるのか、聞いてみたい位でした。タワーで鮮魚を頼むフランス人の舌を疑いたくなった旅の終わりでした。

ちゃんちゃん。最後までお付き合い頂いてありがとうございました。フランス旅行記終わり。
コメント欄、開けたいのですが、今時間と気持ちに全然余裕がないので、暫くクローズします・・・。
[PR]
by emy_to | 2010-06-10 05:16 | UK 国外旅行
<< ビッキーの記録 ■14か月 フランス ノルマンティー&ブル... >>