<< ホットケーキ × フランスチーズ 最近の食卓 >>
30代の志
e0142226_21232659.jpg




インターネットの世界で一番多く使われている言語は、もちろん英語ですが、日本語は第2位だそうです。1億人しか使わない言語が、60億の世界の中で第2位、、、ネットの環境が整っているというインフラの面の要素も十分にあると思いますが、日本人はやっぱり情報好き、きょろきょろしている国民(内田樹 日本辺境論)というのは日本人を端的に表した表現だと思いました。

イギリスに来てから、インターネットは別として日本のテレビや雑誌というメディアからある種断絶した生活を送っていますが(自分から積極的に見たり読んだりしようと思わない限り自動的に情報にさらされていないという環境)、まぁ、差し当たり生活に支障はない・・・「自分磨き」「自分らしく生きる」「資格を取ってステップアップ」云々という文句に踊らされなくなった分、むしろ精神的には健康になったのではないかとすら思ってしまいます。
実際、ローカルの友人で、もちろん仕事に対しては真剣だけれども、「こうあるべき」という像にしばられているように見受けられる人はあまりいません。「精神的な のりしろ・余白」(ダンナ君と命名して、我が家の話題によく上る表現)というのは、そのまま生活の幸福感に直結してくるのかもしれませんね。逆に、精神的なのりしろを保てる社会こそが本当の意味での成熟社会なのかも。そういった点では、日本はまだまだ、、、かな。

イギリスに来て、情報のdetoxを体験する中で、英語へのコンプレックスの呪縛をなんとか克服(日本人・ノンネイティブとしての限界を受け入れられたという方が正しい表現)できたのが今年になってからのこと。そうしたら、自然と次の目標というのが見えてきました。いや、目標というよりは志と言うべきかな。自分が○○したい、輝きたいという若い動機ではなく、とある活動を通じて、日本の社会のために貢献したいという自分としては高すぎる志を立ててしまいましたが、この先迷った時に立ち戻れる原点に出会えたのだと思います。そして、それが私がイギリスにいた意味でもあると信じられるから。この先、具体的な行動をするべく、一冊のノートを用意しました、、、Tescoのものですが、見た目より中身。まずは中身が大事>自戒。
[PR]
by emy_to | 2010-06-30 21:36 | UK 日常
<< ホットケーキ × フランスチーズ 最近の食卓 >>