<< 東欧のパリ Budapest旅... 東欧のパリ Budapest旅... >>
東欧のパリ Budapest旅行 2日目
e0142226_20235686.jpg






翌日は快晴!お天気で旅程が左右されるバギー組なので、晴天は嬉しかったです。make the most of the sun ということで、ブダペスト市内からメトロと電車を乗り継いでセンテンドレという町へでかけてみました。
地下鉄のエスカレーターは、お友達が行っていた通り長くて高速でした。ロンドンの低速度エスカレーターに慣れてしまっているので、ちょっと怖かったです。

e0142226_20241053.jpg

                  地下鉄のホームは意外にも綺麗でした。
e0142226_20242742.jpg

                 猫バス?(トトロより)を彷彿させる車内。

e0142226_20244342.jpg

                HEV  てっちゃんにささげる写真です 笑 
e0142226_20275595.jpg


                     チケットオフィスにびっくりしました。

e0142226_20245982.jpg

センテンドレに着くと、ブダペストとは全然違う空気が流れていました。こじんまりした町というのもあるのでしょうが、芸術家が集まるというだけあって、明るい雰囲気とのんびりした時間が流れていました。この町にいては、元々共産圏の国だったとは想像できない。
e0142226_20253333.jpg

                   あーーー籠!!
フォアグラのおかげか、機嫌の良かったダンナ君。気を使って(家計とダンナ君に)小さい籠を買おうとしたら、「こういうのはいいの?」と大きくて可愛い籠をダンナ君が勧めてくれたので、お言葉に甘えることにしました。あまりに可愛いので、部屋の特等席に飾って、にまにま笑って眺めて楽しんでいます 怖いですね 笑。

e0142226_20255336.jpg

丁度、町でフェスタが行われていて、あちこちに露店が出ていました(もしかしたら常設かもしれませんが、定かではありません)。石釜のオーブンで焼かれたビザを食べたら、もちもちで美味しくて感動しました。

e0142226_20261077.jpg
e0142226_20262746.jpg

e0142226_20292077.jpg


e0142226_20264255.jpg

                  芸術の町を闊歩するビッキー。
                歩き出すようになってから、旅も随分楽になりました。

e0142226_2026599.jpg

この町で唯一の失敗は、お昼御飯。オープンエアのposhなカフェを見つけてお昼をとることにしたのですが、量が多くて不味いという二重苦に見舞われました。お腹が空いていたのに、半分食べるのが精一杯。その上、ハンガリーでは定番のlive musicが始まったのですが、歌手のおばちゃんはカラオケ教室初心者クラス並みの歌唱力で、選曲は暗いものばかり、機材も良くなくピーピーと音をたてるしで、半分生きた心地がしなくなってきたので、早々にお店を後にしました。
   
e0142226_20294356.jpg

ブダペストに戻ると、丁度ビッキーのお昼寝タイムと重なったので、歩き疲れた私たちはタイマッサージを施術してもらうことにしました。石畳の町は脚にこたえるのです。飛び込みで入ったのですが、とても上手でした。ビッキーが産まれてから二人一緒にマッサージを受けるのは、初めてだったかもしれません。well done bicky.

e0142226_2029585.jpg
e0142226_20301267.jpg

ブダペストの超有名カフェGERBEAUD でお茶もしました。ここも店内の内装がすごくてビックリしました。質素倹約、シンプリズムをよしとする日本とは真逆をいく装飾で、イギリス生活で大分免疫ができてきたとはいえ、ハンガリーはビックリの連続でした。

e0142226_20302772.jpg

e0142226_20304018.jpg

                    (ダンナ君撮影) 
e0142226_20305338.jpg

                    (ダンナ君撮影)
e0142226_2031746.jpg

今日のダンナ君のメインイベントは、このレストランでした。
東欧在住中の同期ネットワークを駆使して教えてもらった場所だそうです。住宅街の真ん中にあるので、タクシー以外での移動は難しいですが、本当に美味しかったので、ぜひお勧めしたいです。しかも、kids areaが室内にあるので子連れには嬉し限り。ビッキーは食事そっちのけで遊んでいました。live musicも、イケメンのお兄さんが良い曲を英語で歌ってくれたので、食がどんどん進んでしまました 笑。アンビエンス、大事だな~と再認識。
Remíz Café and Brasserie
H-1021 Budapest,
Budakeszi út 5.

  その3に続きます。振り返ってみると、ブダペスト旅行はもりだくさんだ―。
[PR]
by emy_to | 2010-09-02 20:33 | UK 国外旅行
<< 東欧のパリ Budapest旅... 東欧のパリ Budapest旅... >>