<< たらのケチャップあん Country living ... >>
イギリスで子育て 初めてのベビーシッターとバレエ鑑賞
e0142226_810448.jpg


今年の7月にチケットを予約して以来、心待ちにしていた日がやってきました。
ベビーシッターにビッキーを託して、ダンナ君と二人でRoyal Opera HouseへバレエCinderellaを観に出かけてきました。しかも、夜の公演だったので、ベビーシッターをお願いしたのは5時(←プレシアターディナーも楽しむため)~10時半という長丁場。





一昨年受けたNCT両親学級の先生Mindyから「baby sitterを初めて頼んだ日は、親になったんだなーと思うわよ」と言われた記憶があるのですが、どうかなー。昼間、ビッキーとシッターさんの夕飯の用意をしている間もなんだか私の方がソワソワしていました。時間はたっぷりあったのに、気ばかり焦って、冷蔵庫でキッシュの生地を冷やすのも待てずに慌てて焼いたので、2割くらい焼き縮みしました、そしてキッシュの出来栄えにまたさらに焦っていたので、じっくり親気分を味わうという具合にはなりませんでしたが。

肝心の舞台の方は、さすが世界に名だたるThe Royal Ballet. 日本でも何度かバレエを鑑賞したことがありますが、舞台、衣裳、キャスト、踊り、どれをとっても繊細で美しかった。2日前に朝5時までかかってエッセーを書きあげたばかりの睡眠不足のダンナ君も3幕目までちゃんと起きていられました。シンデレラということもあってか、会場には小学生くらいの女の子たちもチラホラ。そうした子供たちを見ながら、本場の芸術を小さなうちから子供に触れさせてあげることができるのは、やはり文化度の深いロンドンならではだなーと思いました。子供を預けてスペシャルな夜のお出かけだったので、ちょっぴり奮発して良い席を予約したのですが、家族連れ(4人)も近くにいたので、ダンナ君に「この席で4人で観たら、ベビーシッター代よりも高くつくね~。でもビッキーが大きくなったら家族そろって良い席で鑑賞したな~(=頑張って出世してね)」とはっぱをかけておきました。「まかしとけ」といってくれたダンナ君の将来に期待しましょう 笑。

シッターさんと初めての夜を過ごしたビッキーちゃんはというと、夕飯も全部食べて(←私と二人ではありえない)、夜8時にはベットに泣かずにはいったそうです。ビックリするくらい拍子抜けして、「なんだ、これならまた預けてダンナ君と大人デートしないと」と思い、めでたし、めでたし、と終わりの予定だったのですが、23時に覚醒し、高熱を出し、その後朝の4時まで元気いっぱい。パパとママのいない夜を頑張ったせいかなー。熱は朝には下がりましたが、覚醒したビッキーに付き合って寝れなかった私はちょっとヘロヘロ・・・。でも、懲りずにまた次の夜の外出計画を企画中です。ビッキー、お留守番ありがとう、次も頑張れるかな?!
[PR]
by emy_to | 2010-11-21 19:07 | UK baby
<< たらのケチャップあん Country living ... >>