<< クロアチア縦断の旅 ■牡蠣の町... クロアチア縦断の旅 ■イストラ半島■ >>
クロアチア縦断の旅 ■プリトヴィッツェ湖群国立公園・Vinjerac・Split■
e0142226_4273953.jpg




写真を見返してみると、食道楽の旅となってしまっていますが、行く先々で美味しいものが待ち受けている>違 ので仕方ないですね。でも、良い土壌で育った野菜、綺麗な海で捕れた海鮮を頂いていたせいか旅行後に信じられないくらい体が軽いのです。イギリスでもオーガニックの食材は手に入りますが、クロアチアの食材の方が格段に上。食事って体を作る素なんだなーと体感中です。

e0142226_428198.jpg

e0142226_429748.jpg
e0142226_4292781.jpg

朝にLovranを出て、昼過ぎにクロアチアの観光名所の一つプリトヴィッツェ湖群国立公園に到着しました。道中、大雨が降っていたのですが、着くころには小振りになっていたので散策できるかなーと思ったのですが、それでも山の天気。途中から雨脚が強まってしまったので、早々に退散しました。プリトヴィッツェ滝の前でビッキーの記念写真を撮ろうとしたら、予想通り、号泣でした。湖にいた魚には「なか(さかな)いっぱい」と大喜び。天気が良かったら散策も楽しいでしょうね。

e0142226_430854.jpg

この日の晩は、地図にも載っていない町Vinjeracという場所に宿を取っていました。世界遺産の街ザダルの近くにある、小さな小さな入り江の港町。ですが、この絶景といったら!声が出ませんでした。手が届きそうな対岸に隆起した山を見て、眼下には透き通った海。私のカメラの腕では全然伝わらないのですが、ため息が出てしまう美しさでした。
ちなみに、地図に載っていないのに到着できたのは、最新のカーナビのおかげでした。なんとイギリス出発日の朝に某社のカーナビが壊れて、Gatwickで慌てて購入する羽目になったのですが、しょぼい某社ナビでは到底辿り着けない場所ばかりだったので「買った価値はあった」とドライバーのダンナ君が何度もこぼしていました。日本帰国時には帰国売りする予定ですが、これを読んでいてくれる在英のお友達で欲しい方があればお譲りします、別途鍵コメかメールかテキスト下さい。G社製でとっても優秀です。お譲りする方がきまりました。

e0142226_4303067.jpg
e0142226_4305727.jpg
e0142226_4311780.jpg
e0142226_4313764.jpg

e0142226_504439.jpg

e0142226_4315833.jpg

泊った宿は、日本で言う所謂民宿のような場所でしたが料理が評判と聞きつけて決めました。マリアという女性が切り盛りしていましたが、彼女、なかなかの腕前のシェフでもありました。トマトスープはサービングボールにたんまりとふるまわれましたが、家族三人で完食。ビッキーは相当気に入ったようで、私の分も食べてしまいました。メインはハンガリーで頂いた記憶のあるグヤーシュのようなもの。デザートはチョコレートタルト!クロアチアの家庭の味を堪能した夜でありました。

e0142226_4322098.jpg
e0142226_4324461.jpg

ビッキーのハートを1分で射止めたマリア。私たちが食事をしている間、ビッキーの相手をしていてくれました。こうした気遣い、本当にありがたいです。

e0142226_43372.jpg
e0142226_433293.jpg

マリアの叔母さんのマリア(笑)のプライベートハウスに宿泊し、お別れの時ですが、どうも年配の女性には威嚇傾向のあるビッキーは最後まで「のぉぉぉぉ」。横で見ている私たちは苦笑いするしかありませんでした。

e0142226_4342146.jpg

e0142226_4351153.jpg

e0142226_4344580.jpg
e0142226_4355359.jpg
e0142226_436174.jpg

車をさらに南下させて、世界遺産の街Splitへ。ザグレブに次ぐクロアチア第二の都市だそうですが、ヨーロッパによくある第二の都市の大きさで、旧市街は半日もあればくまなく探索できてしまう程の規模でした。個人的にはクロアチア旅行の中で一番気に入った都市(町が平坦で子連れにポイント高いというのもあります 笑)。ディオクラティヌス宮殿の地下は見ごたえがありました、ビッキーも地下空間が気に入ったようで、ずっとはしゃいでいました。

e0142226_4365029.jpg

e0142226_4372087.jpg

e0142226_530731.jpg

e0142226_4374155.jpg

また食事ネタですが、魚市場の隣にあって日本のどの雑誌にも掲載されているNostromo。シェフは40代になって画家から料理人に転身したそうです。今回の旅で母子でフィッシュシュープにはまり、大抵どのお店でも頼みましたが、ビッキーランキング1位は同店。「もっと、もっと」と催促していました、贅沢な2歳児だなぁ・・・。メインには魚のグリル、炭火焼で香ばしく美味しかったです。この後、カメラのフラッシュの存在に気付いて、フラッシュを出したり、閉じたりを繰り返すうちに何枚かビッキーの撮った(?)写真ができたのでその中の一枚からデザートの写真を掲載しておきます。敷居が高そうかなーと思ったのですが、ゲイのウエイトレスのお兄さん(?)がビッキーをあやしてくれてここでも助かりました。クロアチア人は子供慣れしていて、旅のあちこちで優しい眼差しをもらうことができ、リラックスして旅をすることができました。
Restaurant Nostrmo(*音あり)
10 Kraj Svete Marije,
Split,

e0142226_4381562.jpg
e0142226_4383929.jpg
e0142226_439177.jpg

お目当てにしていた二件のうち、一件は改装中、二件目は閉店と夕飯難民になりかけていたところ、なにやら美味しそうな雰囲気がして入ってみたレストランが安くて美味しいあたりの場所でした。
ダンナ君のパスタはボリューム満点、私のオーダしたムール貝は兎に角大きくてボリューム満点でした。Nostrmoも良かったですが、コストパフォーマンスでいうとemy家のお勧めはこちらかな、少し旧市街からは離れますが。
Konoba-Ostarija U Vidakovi (*音あり)
Prilaz brace,
Kaliterna 8,
Split

次は旅の最終編、アドリア海の真珠と呼ばれるドブロブニクを目指します。
[PR]
by emy_to | 2011-05-05 05:14 | UK 国外旅行
<< クロアチア縦断の旅 ■牡蠣の町... クロアチア縦断の旅 ■イストラ半島■ >>