<< どっさりスコーン イギリスのスーパー事情 >>
ロンドン National Garelly
e0142226_5281780.jpg


ロンドンには沢山の有名な美術館が集まっていますが、本日はNational Garelly
出かけてきました。
お目当ては印象派の絵画です。


駅からの途中、ロンドンの新名所であるロンドンアイを通りました。
桜が咲いていてきれい。。。あ、葉桜もあるのね・汗。
ロンドンアイの周りには沢山の大道芸人?がパフォーマンスをしていました。
この方々はチャップリンと映画監督+観客の中の子供が特別参加。
ほほえましいです。




鑑賞の前に、Gallery近くのカフェでEnglish Breakfastを頂いて腹ごしらえ。
紅茶もついて£4.99だからまぁ、良しとしましょう。

e0142226_530963.jpg


Rousseau、Lautrec、Gauguin、Gogh、Monet、Morisot・・・・浴びるように色々な
画家たちの作品を見て、頭の中がぐちゃぐちゃになってきて、ボーっとした状態でギャラリー
を後にしました。美術館めぐりの醍醐味でもあります。
旦那君は花より団子なので、一緒のときにはこうはいきませんー。

日本を出国する前に六本木のサントリー美術館でロートレック展が開催されていたので
忙しさにかまけず、いっておけばよかったなぁ。
力強いペンタッチ、コンプレックスのある人間だから描き出せる雰囲気、風俗画、どれも
私のつぼにはまるのです。
パリ旅行の時にはまたモンマルトルに立ち寄らなくちゃ。
[PR]
by emy_to | 2008-04-12 06:02 | UK 日常
<< どっさりスコーン イギリスのスーパー事情 >>