<< 旦那君を凹ます初記録 RED  ROSSO 赤 >>
parisの香り&日本の香り
e0142226_920266.jpg


隣町で諸用のあった帰り、うさぎ家をアポなしで訪問してきました^^;。




e0142226_921389.jpg


突然の申し出にもかかわらず、昼下がりのおしゃべりにつきあってくれてありがとう!
貴重なおかきを出してくれて、しかも、帰りにはparisのお土産まで持たせてくれるという気配
りぶり・・・。

久々の繊細な味に、翌日に出かけた一泊旅行の車中、旦那君と一緒に完食してしまいました。
イギリスのクッキーは味を例えると「砂糖」って表現がぴったりで、中々自ら進んで買おうという
気にはなりません。
駐在員の奥さん方がお菓子作りをしているのは、時間に余裕があるというのは勿論ですが、こ
うしたスウィーツ事情も大いに関係していると思います。
かくいう私も、「食べたいなー」と思うときには自ら作っています。社会人時代に封印していた
製菓用の調理器具も6年ぶりに日の目を見ました・笑。
もっとも、美食化が進む昨今、美味しいパティスリーも増えてきている様ですが、まだ数は多く
なく・・・。家の近くに贔屓にできる一軒があればなぁ。


e0142226_16271566.jpg

金曜日、深夜までかかった深夜の苦行の跡。
土日に泊りがけの旅行をする予定だったので金曜日の夜にイタリア語の宿題を済ませて
しまおうと思ったのですが、、、読みが甘かった!
読んでも、読んでも終わらず、半べそをかきながら2時過ぎにやっとこ終了。調べた単語は
半分以上かも・汗。だめじゃん・・・。
週明けにイタリア語教室に行くと、「難しかったわよね~」というイギリス人のおばあちゃん。
でも横文字文化の人たちとは、「難しい」のレベルがぜんぜん違うのです。文法の問題で
気後れすることはあまりありませんが、語彙力では歴然の差があり、毎回手に汗にぎる
授業を受けているわけなのです。
今週も宿題がどっさり・・・・汗・汗・汗。
[PR]
by emy_to | 2008-05-17 09:24 | UK 日常
<< 旦那君を凹ます初記録 RED  ROSSO 赤 >>