<< 冷凍イカ ヨーロッパに暮らす醍醐味 >>
スペインの母の一言
イギリスに来てから二ヵ月半がたちました。
漸く本当の意味で生活が落ち着いてきたかなぁ・・・・というところです。
東京で生活していると、二ヵ月半という時間はあーーーという間に過ぎてしまいますが、
新しい生活をSet upするにはそれなりのエネルギーが必要となるせいか、相当密度の濃い時間を過ごしてきた気がします。
本人が思っている以上にエネルギーを消費していたのか、体重がどんどん落ち(走りすぎという指摘もありますが・汗)現在も過去最低体重を更新中。先週にはひどい眩暈をおこし、意識を失って床に倒れてしまいました。床に倒れたときに頭を打って、更にお馬鹿になったうえ、後頭部には特大たんこぶが・涙。おまけに風邪も引く・・・というまさに泣きっ面に蜂状態 --。









幸いにして、イギリスへの赴任ということで、語学・日常生活では特に問題なくスタートできま
したが、留学と違い、駐在員妻という身分でくると、そこにあるのが「日本人社会」という事実に
もびっくりしてしまいました。誤解を避けるために、こちらで知り合えた日本人の方は良い方ばかりで、本当に人の出会いには恵まれていると感謝しています(*本当ですよー)。
ただ、仕事をしていた頃は毎日英語を使い、海外からのゲストがあり、時には海外出張もあり、という生活だったのにイギリスに来て日本語だけで生活できるという事実は中々受け入れられなくて、又生活の基軸を早く作りたい・・・という焦りもあり、新生活を楽しむ反面、内面では相当悶々と燻っていました。

イタリア語の教室では横文字文化の人たちのレベルに舌を巻き、毎回手に汗握る授業・涙。
僅かの自信も朽ち果てかけてきたところ、ヨーガ教室で一緒のスペイン出身のママ、カルメン
から「違う文化からやってきて、ヨーロッパ人の中でイタリア語を勉強するなんて勇気がある
わね!えらいわ!」という温かい一言が・・・。
カルメン、心に響く言葉をどうもありがとう・・・。イギリスに来てから仕事で充実をする旦那君を
半分恨めしくも思い(ごめんね)、駐妻生活をもっと向上させたいと心の緊張の糸が張りっぱなしだったせいか、久々に心の底にじーんときました。
そして見えないけれど、ママとなった人の中には何か人を包み込むような不思議な力があるのだなぁ、と思ったりしたのでした。


注)・・・・とは言ってもこのままの駐妻生活で終わらせるつもりは毛頭なく、チャレンジングな日常とすべく今日は地域ボランティアに登録を済ませてきました。
[PR]
by emy_to | 2008-06-05 02:16 | UK 日常
<< 冷凍イカ ヨーロッパに暮らす醍醐味 >>