<< イスタンブールから王子の島へ イスタンブールからただいま。 >>
イスタンブールを食べつくせ!
e0142226_1401743.jpg




イスタンブールの街を歩くと、10mに一軒はあるのではなかと思われるケバブスタンド。
外れのお店が多いので下調べをしていかなければいけないどこかの国とは違い・汗、食べたところは大抵どこでも美味しかったです。
ただ、目抜き通りと裏通りで値段が二倍近く違ったりするので、ご注意くださーい。

さて、イスタンブールの街角で目にするのはケバブだけではありません。

e0142226_146571.jpg

焼もろこし。
トルコ人の方は歩きながら食べていました。夏の風物詩のようです。

e0142226_2294645.jpg

ジュースはその場で絞ってくれます。
暑い日ざしの中では、何倍も美味しく感じます。

e0142226_14876.jpg


e0142226_1484615.jpg

推薦の声の多かった、サバサンド♪
サバにお塩とレモンをかけて大口をあけて豪快に いっただきまーす♪
パンももちもちしていて美味しいです。トルコのバケットは外カリカリ・中ふわふわで世界一と言われているとか。
サバサンドはガラタ橋近くで購入し、ボスポラス海峡クルーズにでる定期観光船を見ながらぺろり完食!


この日のお目当ては、ガタラ橋の先の新市街の散策でしたが、またまた腹が減っては旅路は
できぬ、というわけで界隈で有名なレストランに入りました。
サバサンド、食べた直後です・笑。

e0142226_155270.jpg


e0142226_1555563.jpg


e0142226_1563520.jpg

旦那君、またここでもケバブを注文。
イギリスのお肉は筋っぽいものが多いので(ラムは別ですが)、ここぞとばかりに肉食化していらっしゃいました。ロンドンに戻ったらまたベジ生活なので、十分堪能して下さい~。
お店の名前は忘れてしまいましたが、4Fのテラス席は人気のため予約がMUSTとのこと。

さて、おなかが膨れたところで新市街へ・・・・・歩きました。
坂道が結構きつくて、いい運動というか、トレーニングの域でしたー笑。

e0142226_214123.jpg

目抜き通りをトラムが走ります。
道の両側には、土産店の他、服飾関係のお店がずらり。イギリスブランドのTOP SHOPも
ありましたよー。ここではお洒落ブランドに入るのかな?
だいたい買い物ゾーンに入ると疲れてしまう旦那君。それでなくとも、エミノミュから新市街まで
数キロ歩いた後、疲れもピークとなりお茶タイム。

e0142226_28173.jpg

トルコ人の飲み物の代名詞といわれる、チャイ。
(リプトンでしたが・汗)。これにお砂糖を入れて きゅー っとやるところですが、甘い飲み物が
どうも苦手な私はストレートで頂きました。>濃い紅茶。

e0142226_210468.jpg

新市街の名所のひとつに魚市場があります。
トルコ民族はもともと魚を食べる習慣があまりなかったとか。こんな豊かな地中海を目の前に
もったいないー。
お肉の食事が続いており、体が 「魚をおくれ」というので、夕飯はこのお店に決定。
魚市場にはレストランがいくつもありますが、とりわけ勢いがよかったので飛び込みしてみました!

e0142226_2142031.jpg

店のおじさんたちが へぇーい、らっしゃい、らっしゃい~~ と(たぶん)ノリノリでした。

e0142226_2163221.jpg


e0142226_217576.jpg

頂いたのは、ムール貝のピラフ詰とムール貝の串揚げ。ほかのお客さんもだいたいこれを
頼んでいました。

お店の繁盛振りに間違いはありませんでした。うーん、うまい!とうなってしまう美味しさ。
ピラフがムール貝のうまみを吸っていてほっぺたが何個も落ちてしまいましたよ。
帰りは、苦しい、苦しい、とひーひー言いながらホテルに戻ったのでした。

食いしん坊旅行はまだまだ続きまーす。
[PR]
by emy_to | 2008-06-26 02:19 | UK 国外旅行
<< イスタンブールから王子の島へ イスタンブールからただいま。 >>