<< イギリス式愛の伝え方 Bigりケーキ Del’aziz >>
1.2㌔ 冷凍庫清掃
e0142226_4133177.jpg


イギリスの冷蔵庫事情は結構お粗末で、日本の冷蔵庫と同じスペースを占有する大きさのものでも中身が機能的に作られていないので使い勝手が非常に悪い場合が多いです。特に駐在員家族が利用するFurnishedの物件では、よく聞く不満の声です。

我が家の事情もご多分にもれずでありまして・・・キッチンの うどの大木 >失敬。
産後に備えてお魚を大量に注文したはいいものの、冷凍庫のスペースが足りないため一生懸命中身の消費に励んできたここ最近。ある日はお好み焼き(シーフードミックス消費)、ある日はたこ焼き(冷凍タコ消費)、ある日は餃子(冷凍餃子消費←C国製ではありませんよ~!)と、粉メニューばかりが続きました。まぁ、大阪人のダンナ君が大喜びで自ら進んでお好み焼き奉行、タコ焼き奉行をしてくれたのは、良かったのですが(^_^;)。

努力の結果、だいぶスペースが確保できましたが、最後まで残ってしまったのがホームパーティーで鶏もものから揚げをした後で残った骨付きドラム、1.2㌔・・・。
揚げてフライドチキンにしても食べられる量には限度があるので、困った時の煮込み料理頼み、カレーにしました。熊谷喜八シェフのレシピ(7年の付き合いで、すでに背表紙がはがれる位ボロボロですが愛書です)から鶏肉のスパイシーカレーを作りました。玉ねぎ6個をみじん切りにし、飴色になるまでじっくり一時間炒めた後、スパイスとトマトとブイヨンで二時間煮込みました。お肉が骨からほろほろ外れて、美味しくできました。ご馳走様。
[PR]
by emy_to | 2009-02-18 04:44 | UK cucina
<< イギリス式愛の伝え方 Bigりケーキ Del’aziz >>